[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

5月になればゴールデンウィーク。そしてこどもの日がやってきますよね。

こどもの日が近づくと、テレビはもちろん近くのスーパーや商店街でも耳にするようになるのが……

童謡「こいのぼり」

です。

幼稚園や小学校でも歌いますので、お子さんがいる家庭ではそろそろ子ども達が口ずさむ時期ではないでしょうか?

私(筆者)の家でもこの時期になると、鯉のぼりや五月人形を飾る準備の合間に、息子が楽しそうに歌っているのを耳にします。

そこで、こう見えても保育士免許の為にピアノを習っていた私(筆者)です。何か、家で弾くための楽譜がないかなと探してみました。

自分はもちろん、子どもと一緒に弾ける簡単な楽譜など、あればいいですよね。今回はそこで調べた情報をぜひ、お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

鯉のぼりの無料楽譜はここで手に入れろ!

可愛い楽譜に子どもも大喜び!

まずご紹介していくのが、こちらのブログ。「musicbrier」さんの記事。

パッと見ただけで、小さな子どもにも解りやすい楽譜を提供してくださっています。

何より惹きこまれるのが可愛らしいイラストですよね。挿絵は別サイトからチョイスされているみたいですが、そのセンスの良さにグっときてしまいました。

幼児用と伴奏用などがありますので是非チェックしてみてください。

すぐに出て来る無料サイト

次にご紹介するのがこちら。「おとタマ」さん。

いろんなピアノの楽譜を配布されているみたいで、こちらはその中の一つになります。

標準的な楽譜になりますので、音階が書いていなくても弾けるようになった子ども達に、ステップアップとしてピッタリなのではないでしょうか。

楽譜の読み方を勉強するのにもちょうどいいですね。

ボーカロイドで歌まで聴ける注目サイト

もうひとつ面白かったのがこちらのサイト。「音楽研究所」さんです。

こちらは一般的な楽譜の配布だけではなく、いろんな楽器を使った演奏の音源も配布してくださっています。

もう一つ特徴的なのは、今ネットで流行っている音声合成ソフト「VOCALOID(ボーカロイド)」を使って、歌入りのものまで聴く事ができることです。

音楽は好きだけど、実は歌うのが苦手だな、という人もいますよね。そういう人は無料のボカロ音源で、子ども達に歌を教えるというのも、今の時代ならではで面白いかもしれませんね。

そういえば、こいのぼりの歌には「いらかの~」で始まる方も有名ですよね。こちらも動画などで聴いたりネットで楽譜を検索できるので、興味が出た方はこちらもチェックしてみると面白いかもしれません。

▼♪ こいのぼり(いらかの波と)

演奏に慣れたらこんな譜面にもチャレンジ

まずは簡単な伴奏をマスターしよう

こちらでは無料サイトではなく、有料ではありますが大人向けのちょっと難易度の高い楽譜をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

そのサイトがこちら。「ぷりんと楽譜」さん。

様々な楽譜を販売されていて、中には素敵なアレンジ物もあるんです。動画などでサンプルを聴けるだけでなく、演奏の様子を見られるのもいいですよね。

こちらからまず紹介するのが、「こいのぼり」アレンジなしの伴奏用になります。

子ども達と一緒に演奏したり歌ったりするのであれば、これをマスターしたいですよね。

しっとりと大人のムードに

それから個人的に気になったのがこちらのアレンジ。「こいのぼり~ジャズ・アレンジ.ver~」です。

はじめは管楽器を交えて明るく演奏しているのかと思っていたのですが、このしっとりと夜に聞きたくなる雰囲気が大好きなんですよね。

ピアノに慣れているなら、比較的弾きやすい楽譜になっているのもベスト♪ いつもとは違ったこいのぼりを弾いてみたくなったら、こういう素敵なアレンジ楽譜にチャレンジしてみるのも、いいですよね。

いろんな楽譜で子どもたちと演奏してみよう!

音階で覚えて楽しく演奏しよう!

ではいろんな楽譜を見ながら、子ども達と演奏してみましょう。

その中で注目ポイント。ネットで見ていると多くの人が気になっていたのが、こいのぼりの音階ですよね。歌詞に「ドレミファソラシド」を当てはめるとどうなるのかといえば、

「こいのぼり」

ミレドーレ ミーラーソ ミミミーレドレー
ドレミーソ ララソーミ ソソミーレードー
ドドドーラ ソソソーミ レレレードミソー
ドレミーソ ドーラーソ ミミレーミードー

と、なります。

音階で歌を覚えるとピアノの上達もぐっと早くなるので、いっしょに覚えておくといいですね。

楽譜を見ながら演奏。これなら指一本でも大丈夫!

今回ご紹介した無料サイトなど、簡単な楽譜であれば指一本でも演奏できるようになっています。

楽譜の読み方に慣れない間は、音階のみの歌詞をそのまま弾いてみても大丈夫ですね。

また、最後にご紹介するのがこちら。「1本指ピアノ【こいのぼり】簡単ドレミ楽譜 超初心」

実際に演奏している様子を見る事ができます。指の動きを見ながら参考にしてみるとすぐに弾けるようになるので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに童謡「鯉のぼり」といえば、歌詞に出てくる「まごい」と「ひごい」がありますが、この意味には驚愕の真実があったこととをご存知ですか? こちらに記事にしましたので、併せてどうぞ。

こいのぼりの楽譜(ピアノ用)の無料サイト まとめ

いかがでしたか? こうやって調べてみると、子供向けの簡単な楽譜であれば、すぐに出て来るのですね。

もちろん、お子さんの年齢によっては授業の教科書など、すでに手元にあるかもしれません。

ただ、ちょっとしたアレンジ楽譜が欲しい場合など。もしくはよりレベルの高い曲に挑戦してみたい場合は、今回ご紹介させて頂いたサイトをぜひ活用してみてくださいね。

もっともっと、音楽を好きになって貰えればと思います。

下の「関連記事」にも鯉のぼりや端午の節句に関する情報が満載ですので、併せてご覧ください!

スポンサードリンク