[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

インフルエンザ対策にはもちろん、風邪だったり、冬場だと花粉対策にも必要になってくるマスク。

私もインフルエンザ予防というだけではなく、単に花粉症が辛いので、この時期はマスクに頼ってばかりです。あるのとないのとでは大違いなんですよね。

でも……

「ウイルスはマスクの繊維をすり抜けるから、インフルエンザ対策にはならないでしょう」

なんて言葉、聞いた事ありませんか?

確かにマスクの繊維って隙間がありますし、ウイルスが間を抜けてくるのも頷けますよね。

でもでも! 人類の科学はそんな懸念すら吹き飛ばして、日々新しいマスクが出ているのです!

それに、マスクをつけると言うのはインフルエンザ予防としては非常に適している理由だってあるんですよ。今回はそれをご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザに有効なマスクを紹介します!

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_s まずは実物を見ていきましょう。良いマスクの選び方というのは、実際、自分でつけてみないとわからない。つまり、購入前にその性能を把握するのは難しいですよね。

でも、そういう時に役立つのは、やっぱり使用者のレビューであったり、素敵な商品である指標として「いい物はたくさんの人が選んでいる」つまり人気商品はおおよそ信頼がおけるという事です。

そこで今回は、楽天市場から人気のマスクをいくつかご紹介したいと思います。
『日本バイリーン バイリーンマスク V-1003N』

マスクに必要なのは機能性。特に男性なんかは使えるマスクなら何でも良かったりしますよね。そういう人におすすめなのがこちら。

作業現場でも使われる防塵マスクで、いろんな場面で活躍してくれます。もちろん、インフルエンザウイルス対策もバッチリです。
『クリーンライン 三次元マスク ベビーピンク』

次に、女性に人気が高いのがこちらの商品。やっぱりマスクをするにしても、「へんてこりん」なのは嫌ですよね。

そんな女性の為に作られた三次元マスクは顔のラインを損なわず、それでいて高い機能性を発揮してくれますよ。
『インフルエンザウイルス 対応 子供用 高性能フィルター採用 フルガード 7枚×20セット』

最後にご紹介するのは子供用マスク。ちなみに、人気のマスクには子供向けの物がたくさんありました。

やっぱり学校や、休日だって元気に遊びまわる子供たちのため、マスクは大事なわけですね。嫌がる子も多いでしょうが、親心としては用意しておきたいところです。
また、マスクを用意しても正しい付け方をしなければ、結局意味がありません。参考になりそうな動画がありましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼感染予防(01) マスクの付け方 【ノロウイルス・インフルエンザ・O-157感染対策】

マスクの種類だけじゃなくここにも注意しよう!

gahag-0037909828-1

しつこいけどマスクの付け方は大事

さて、動画を紹介しましたが、引き続き。インフルエンザ対策にマスクをつけるのはいいのですが、でも、注意点はいくつかあります。ただつけるだけでは、ちゃんとした対策にはならないんですよね。

第一に大切なのは、マスクの付け方。こちらは上記動画で確認できますので、自信のない人はぜひチェックしてみてください。

そして次に重要なのは、サイズです。例えば、ぶかぶかなマスクであったり、ちいさ過ぎて鼻を覆えないマスクではまったく意味がありません。

こちらはやはり、マスクにもそれぞれ「成人用」「こども用」「女性用」とありますので、自分に合ったものを使用してくださいね。

知ってるようで知らないマスクの役割

何となく着用しているマスクですが、これにより空気感染飛沫感染といった、2つの感染経路を防ぐことが出来ます。

この効果については最後に詳しくお伝えしたいのですが、こうしてウイルスを防いでくれたマスクも、一度着用したら目に見えない菌が表面にたくさんついているのだと思ってください。

それに触って、もし、その手で口などを触ると……。

すると、第3の感染経路として接触感染と言うのがあるのですが、見事、これに引っ掛かってしまいます。ウイルスがいっぱいついたマスクを手で触るのですから、危険なのは当然ですよね。

一日使ったマスクはちゃんとその日のうちに処分して、再利用しないこと。もちろん、マスクを触ったてでご飯などを食べたりせず、しっかり手洗いをしてウイルスを綺麗にしてしまう事を、心掛けてくださいね。
スポンサードリンク

でもマスクって本当に効果があるの?

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

今のマスクはフィルターがすごい!

ではクエスチョン。ここまでマスクの使用を推奨、そして前提として来ましたが、でもやっぱり拭い去れないのが「マスクの効果」ですよね。

最初にも触れましたが、結局、ウイルスはマスクの隙間から入ってくるのではないか。心配は尽きものです。

しかし、それについては最近の科学は本当にすごいと思います。昔のマスクと違って今のマスクは、ウイルスをほとんどカットしてしまうフィルターが付いているのです。

今回ご紹介させて頂いた商品がそれで、市販の物でも、おおよそウイルスがすり抜けるという心配はほとんどないと言えます。

「防止の効果はない」のウソ

また、マスクをする上で重要なのは、空気感染対策はもちろんですが、このようにフィルターが進化を遂げたことによって、飛沫感染を完全に遮断できるのです。

飛沫感染とはつまり……
既に病気にかかっている人がくしゃみや咳をした時に、目に見えない大きさの唾が飛び散り、ウイルスといっしょに体内に入ってしまう。
といった感染経路。

ですが、この時ウイルスは唾などの粘液に覆われており、目には見えませんけれど非常に大きな塊になっています。これを、マスクは完全にキャッチしてくれるのです。

人ごみではもちろん、誰かと話しているだけでも、人は知らず知らずそうした他人の飛ばした飛沫を浴びています。あまり想像すると気持ち悪いですけど……。

でも、マスクはそれをちゃんと防いでくれるのです。それは昔から知られている事でもあり、今はその上で空気感染にも効果があるのですから、これを使わない手はありませんよね。

マスクをして外を歩くのと、マスクをせずに外を歩くのとでは、大きな違いがあると言えるでしょう。

ちなみにマスクを毎日してるのにインフルエンザに感染してしまった場合、病院に行くにしても、内科に行けばいいのか? 耳鼻科に行けばいいのか? 迷う人もたくさんいると聞いてます。

そんな人のために、こちらの記事でまとめましたので、合わせて読んでみてください!


インフルエンザのマスク まとめ

いかがでしたか? インフルエンザを予防する為に、マスクは絶大な効果を発揮してくれます。

また、マスクを着用する場合は、自分の身体に合った大きさを選び、一度使ったマスクはウイルスでいっぱいになっているので、ちゃんと処分する事手洗いを忘れないようにしておきましょう。

これらを守るだけで、インフルエンザの感染リスクはグッと低くなるのです。そういえば、小さなこどもだとマスクを嫌がるかも知れないと言い、また、私自身マスクはそんなに好きではありませんでした。

もちろんマスクをしてくれると一番ですが、そんな時は口の中が乾燥してしまわないよう水分をしっかり取らせるのと、帰宅したら手洗いうがいを徹底させてあげてください。

「水は身体のマスク」 ウイルスも簡単にやっつけられますよ。

あと下の「関連記事」にも、インフルエンザ対策に関するお役立ち情報を載せていますので、併せてご覧ください!

スポンサードリンク