[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

皆さん、さくらんぼ狩りですよ、さくらんぼ狩り!

今年も美味しいさくらんぼの季節が迫ってきましたね。さくらんぼと言えば山形ですよね。

私(筆者)も旅行がてら、ゴールデンウィークなどを利用して友達と「さくらんぼ食べに行きたいね」なんて話していたところです。

そこで今回は、さくらんぼ狩りをするならどこの農園がいいのか。そして穴場の農園をいろいろ調べてきたので、ご紹介していきたいと思います!

まずはおすすめの農場を見ていきましょう。

スポンサードリンク

山形の穴場さくらんぼ農園3選を一挙公開!

我妻観光果樹園

まずはこちら「我妻観光果樹園」から。



米沢駅から車で15分ほどの距離にあり、30分の食べ放題を満喫することができます。

さくらんぼ狩りが出来る期間は6月中旬から7月上旬にかけて。

開園時間は8時から17時となっており、お値段は……
大人 :1200円
小学生:1000円
幼児 : 500円
3歳以下:無料
となっています。

農園の特徴といえば御馴染み「佐藤錦」の他に、珍しい品種である「南陽」「陽峰」を食べる事ができるんですよ。

甘くて大粒のさくらんぼを食べ放題。これは是非、行ってみたくなります! 詳細はこちらのホームページで確認してみてください。

八果園大沼

続きまして、こちら「八果園大沼」。

さくらんぼ狩りは6月上旬から7月中旬にかけて行われ、開園は9時から16時となっています。

お値段は
大人 :1500円
幼児 : 700円
なのですが、驚くべきはなんと60分間食べ放題となっている点ですよね。

他の農園が基本30分~40分であること考えると、どこよりも長く楽しめちゃうわけです。

こちらの農園のさくらんぼは低い位置に実がなっているため、小さな子ども達はもちろん、車椅子の方でもさくらんぼ狩りを楽しむことができます。

雨除けにテントもあるので、雨の日でも安心して楽しむことができるんですよ。詳細はこちらのホームページで確認してみてください。

宇野一秋農園

最後はこちら「宇野一秋農園」。

開園時間は8時から17時。予約を入れておけば、時間外でも対応してくれるらしいです。

去年のさくらんぼ狩りは6月11日~29日までとなっており、今年もHPや電話で確認を取るのが一番ですね。

そして、なんといってもこちらの農園の特徴が、どこよりも長い時間食べ放題を満喫できる、2時間コースでさくらんぼ狩りが楽しめちゃうというところです。

しかもお値段は、
大人 :1200円
子ども: 800円
とめちゃくちゃお得!

開催期間が短いですが、これは納得のサービスですよね。もちろん雨が降っても大丈夫なように屋根付きハウスもあります。

チャンスがあればぜひ一度は行ってみたい農園です。詳細はこちらのホームページで確認してみてください。

これが日本生産量No.1の山形県のさくらんぼ狩りだ!

山形のさくらんぼは日本一

さくらんぼ狩りといえば山形県。そう言われるのはやはり、日本でもトップの生産量にあるでしょう。

山形のさくらんぼは、なんと日本で採れるさくらんぼの約7割にもおよび、圧倒的な生産量を誇るんですよね。

もちろん農家さんの数も豊富で、ざっとネットで見ただけでも20以上のさくらんぼ農家があります。さくらんぼ以外にも美味しい果物がいっぱいですよね。

そんな山形だからこそ、どこよりも盛んにさくらんぼ狩りを楽しむことができるのです。

時間もお値段もすっごくお得

さらにさくらんぼ狩りについて見ていると気付く事があります。

というのも、基本的なさくらんぼ狩りの相場が時間:およそ30分、値段:大人1500円前後に対して、今回ご紹介させていただいた農家さんのように……
  • 60分以上のさくらんぼ狩りを楽しめる。
  • さらにはお値段も1200円とお得
  • これらも注目ポイントですよね。

    これは日本一の生産量を誇る山形の農家ならではと言えるでしょう。

    スポンサードリンク

    山形のさくらんぼが日本で一番美味しい理由

    美味しくなるための7つの条件

    美味しいさくらんぼを育てる条件として、ネットで調べると7つの項目が出てきました。

    それが……
    1.冬眠が必要
    2.花芽の頃には「温かい昼」と「寒い夜」が必須
    3.開花時期に低温と霜はNG
    4.開花時期、常に温度が高いと枝ばかりの美て実ができない
    5.開花時期に雨が多いと受粉が難しい
    6.水に弱いから水はけのよい土地でなければいけない
    7.雨に弱い
    これらの、環境や気候に大きく左右されやすく、ひとつでも上手くいかなければ美味しいさくらんぼは育たないのです。

    山形はまさにベストスポット

    これらの条件に上手くあてはまるのが、山形県だったんですよね。山形は梅雨でも雨が少ないため、まず水関係の条件がクリアできます。

    さらに昼夜の温度差があるので、さくらんぼを育成するのにもピッタリ。

    そこに……
  • 生産者さん達の努力
  • 雪国の綺麗な水や空気
  • そのすべてが、甘くて美味しいさくらんぼを育ててくれるのです。

    気候、土地。そして人々の手が揃っているからこそ、山形のさくらんぼは日本一のさくらんぼなのですね。

    山形に今年もさくらんぼ狩りのシーズンがキター! まとめ

    いかがでしたか? 私も今回ご紹介した場所以外にも、早ければ4月頃からさくらんぼ狩りを体験できる農場さんもあるらしく、いろんな情報から目が離せません。

    なにより、たくさんさくらんぼを食べたいですもんね。長く楽しめる農場さんはみているだけで、わくわくしてしまいます。

    今年もいっぱい美味しいさくらんぼが実る事を祈って、皆さんもぜひ、さくらんぼ狩りを楽しんできてくださいね。

    スポンサードリンク