[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

海外旅行の経験あり。ただし英語能力は皆無の私(筆者)でも、ばっちりわかる英会話。

今回は引越しに役立つ英語の例文を紹介していきたいと思います。

英語で話す為、海外での引越しに役立つだろう会話文がメインです。

もちろん今回も、英語が苦手な私にもわかるくらい簡単な例文をチョイスしていきますので、使いやすく覚えやすい物ばかり。

さっくりと、まずは見て行くとしましょう。

スポンサードリンク

これだけ押さえれば大丈夫!引越しの英語の挨拶例文3選

まずは自分が「引越します」という事を伝える例文。
I’m moving out.
(私は 引越します)
“move out”で「引越す」という意味に成り、これは予定として決まっている事を表します。

“I’m ~ing”の部分を“I will”に変えることで「確実な予定」から「多分そうなる」という意味に変わるので、まだはっきりしない時は“I’ll move out”とすればいいですね。

また、どこへ移動するのか。いつ引越すのかを伝えたい場合は……
I’ll move to ○○ next year.
(私は来年 ○○へ 引越す予定です)

という形で伝える事ができます。
“next year”の部分は“next month(来月)”“in April(4月に)”という風に変えることもできますね。

もう一つ、海外からよくある引越しで使えるのが、日本へと帰りますと伝えたい場合。
I’ll move back to japan.
(日本へ帰国します)
という風になるので、参考にしてみてくださいね。

また、海外暮らしで使える英語のレッスン動画もあります。シリーズは100にも上るので、こちらも参考にしてみることを強くおすすめします。

▼日常英会話 – レッスン 1 – どこから来ましたか。

海外の引越し文化とは?

外国人の荷物が少ない理由

さて、海外の引っ越し文化について、ちょっと面白い資料が出てきたのでご紹介してみますね。

日本人の場合、引越しとなればトラックに入りきらない量の家具や荷物を運び、まさに家を丸ごと移動するような大移動になると思います。

けれど、海外では違った文化が見られるそうです。

というのが、なんと……
家具や要らないものを、あらかたそのまま残して「移動」する
のだとか。

ここが海外と日本のちょっとした違いで、面白い所ですよね。

「引越し」が英語で「move」の訳

上の例文でも紹介した通り、「引越し」に当たる英語は「move out」つまり移動の事を指します。

日本人は家から家へ生活圏を移す際、自分の暮らしをそのまま持っていきますよね。これは物を大事にする日本の古い考えが影響しているのだと思われます。

逆に海外の人は「置いておけば、次にやって来た人が使うかもしれないだろう?」と、家具なんかはそのまま放置しちゃうみたいです。

私物への執着の仕方に違いが見えるのと、やはり、日本よりも大らかであり大胆なところが伺えますね。

もちろん全員が全員ではないみたいですが、そんな文化があるので、もし、日本から海外へと引っ越す時は、部屋に何があるのかも注意して見ると、面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク

日本で英語対応ができる引越し業者があるって本当?

ネットで検索すればらくらくヒット

さて、日本から海外へと引越しを考えたら、やっぱり、ちゃんと“海外に強い引越し業者”へと委託したいですよね。

そこでチェックしたいのがこちらの3サイト
海外へのお引越しをサポートしてくれる引越し会社です。

見積もりはもちろん荷物などをどうしたらいいかの相談、現地についてのサービスからいろんな対応をしてくれます。

安心で確実なサービスを提供するという理念のもと、どれも人気の業者さんですね。

もっとも確実に調べる方法は?

前述した3サイトもおすすめですが、もっと便利かつ確実に調べたい場合は、やっぱり下記のサイトがおすすめです。

『引越し比較サイト 引越し侍』


200社以上の引っ越し業者と提携しているので、ほとんどが網羅できていると思います。あと、予約特典で最大10万円のキャッシュバックがあるのが魅力です。

様々の条件に合った会社を検索できるので、迷った時は、まずこちらを利用すれば間違いありません。

ちなみに余談ですが、海外では引っ越しの挨拶の習慣がないところがほとんどです。ただ日本人が近くに多く住む地区では必要になってくる可能性もありますよね。

ということで、そんな重要な挨拶のタイミングなどをこちらの記事にまとめましたので、併せてご覧ください!


引越しを英語で話す例文集 まとめ

いかがでしたか? 正直な事を言えば、海外で暮らしている人にとっては朝飯前の単語ばかりだったかと思います。

ただ、ちょっと面白いなぁと感じたのが、やはり…
引越し=“move out”
の部分

なるほど、荷物を残して必要最低限の物だけ持って“移動する”のが海外式の引っ越しなのだなあ、と。

確かに、家具や照明がそのまま残っていると、ありがたかったりしますよね。日本でもエアコンが残されていることとか、ありますし。

そんな文化の違いなどもありますが、海外でよい暮らしができるよう、動画などもチェックしてみてくださいね。

あと下の「関連記事」にも、色々な引っ越しに関する豆知識を載せていますので、併せてご覧ください!

スポンサードリンク