[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

毎年敬老の日には、お酒・ギフト券・ストール・帽子などなど…色々なプレゼントを送ってきましたが、最近なんだかネタ切れぎみ……。

年に1回のことなんですが、だからこそ余計に色々考えちゃうんですよね……。おばあちゃんに「何が欲しい?」って聞いても、「貰えるものなら、何貰ったって嬉しんだよ。」と気を使って言ってくれるのですが、やっぱり心から喜んでほしいという気持ちが高まってしまうんですよね。

なので、「今年のプレゼントは手作りにしよう!」と思い、調べてみたところ、何と何と「折り紙」で本物そっくりの花が折れることがわかったんです!

「これなら喜んでもらえるぞ!」っということで、色々調べたみたら、そのクオリティーが度肝を抜かれるレベル……ということで、早速ご紹介しちゃいますよ! それでは行ってみましょう!

スポンサードリンク

おばあちゃんが涙を流して喜ぶ簡単な花の折り紙の折り方とは?

portrait-602974_1920
こちらでは実際に3種類の折り方の動画を集めてみました。折り紙の本もたくさん出ていますが、折り紙を学ぶには何度も繰り返し観ることが出来る動画が一番! お気に入りのお花を見つけて、おばあちゃんやおじいちゃんをびっくりさせちゃいましょう!おばあちゃん、おじいちゃんが好きなお花を作ってあげるのも素敵ですね。

▼チューリップ : 花言葉「思いやり」

私が感動したのは、簡単なのに本物を忠実に再現しているところです。さすがに上の本物のチューリップの写真と比べると折り紙だとわかりますが、花びらがピンクから黄色に変化している様子や葉はとてもリアルに再現されていますよね。

▼バラ : 花言葉「愛」

難易度は高いですが、その分努力が伝わりやすいのがバラです。何個も折るのは根気が入りますが、そのクオリティーに感動してくれること間違いなし! なかなか実物では見られない色で作れるのも折り紙の良いところ。ブルーや白で作っても良いのではないでしょうか。

▼ユリ : 花言葉「無垢」「清楚」

こちらも折り方は比較的簡単。慣れれば5分程で折ることが出来ます。花言葉からもわかるように、女性へ贈るのに適した花です。ただしユリの花は奥が深く、たとえ折り紙であっても贈る際の注意事項がいくつかあるので下のサイトをチェックしてみましょう。
百合の花をお祝いに贈る時に気をつけたい7つの事☆

折り紙で花を折るときに最適な折り紙はこれだ!

PAK25_origamitoturu
一言で折り紙と言ってもその種類は多種多様……こちらでは前項で紹介した花を折る時に適した折り紙をご紹介します!そうは言っても自分が気に入った紙で作るのが一番! あくまで私の意見ですので、参考までにご覧ください。

ファンタジーカラーフラワー
濃い色から薄い色へグラデーションになっていく折り紙です。場所によって色合いが異なるため、見る角度によって違った印象を持たせてくれます。チューリップがおすすめ。

染め和紙 典具ぼかし
昔から馴染みのある和紙は、年配の方ならなおさら喜んでくれること間違いなし。一枚一枚手で作られているのでどこか温かみがあります。ユリがおすすめ。

タント 12 カラーペーパー 赤
両面両色で裏面を気にしながら折る必要がありません。コシがあるので壊れにくく、しっかりとした作品に仕上がります。様々な色調の赤が入っているので、同じ花を折るのでも変化が楽しめます。おすすめはバラ。

~番外編~
初心者におすすめ! 花のおりがみ
10種類の花が折れるおりがみと折り方が付いています。最初にこれで練習してみて、慣れてきたら自分の好きなおりがみで折ってみるのも良いですね。

こちらのサイトでは700種類を超える折り紙を取り扱っています。通販が出来るのが嬉しいですね!
おりがみはうす
スポンサードリンク

なぜ敬老の日には折り紙で作る花が喜ばれるのか?

origami-1308378_1920
折り紙の花には作って楽しい、贈って嬉しい魅力がたくさんありました!贈る人も贈られる人にも嬉しい折り紙の花。その魅力をどーん!と紹介しちゃいます!
  • 一生懸命手作りしたという気持ちが一番のプレゼント
    購入したプレゼントでも十分気持ちは伝わると思いますが、手作りプレゼントをもらって何より嬉しいのは、自分のために手作りしてくれたという気持ちですよね。そこに上手い下手は関係ありません。大好きなおじいちゃんおばあちゃんを思い浮かべながら作ることが大切です。
  • 花なのに枯れない! 一生の記念になる
    生花は綺麗だけど、いつかは枯れてしまいます。その点折り紙で作った花は綺麗に咲き誇っている状態で、いつまでも保管ができますね。記念としてずっと残しておけるのも利点の一つです。
  • 小さい子供から大人まで楽しみながら作ることが出来る
    折り紙で作る花は簡単に出来るものから大人でも苦労するような難易度のものがあります。自分のレベルに合わせて折る花を選択できるのも良いですよね。子供と一緒に遊びながら楽しく折ることも出来ます。
  • 費用が安い
    ちょっと今月ピンチ……けど敬老の日には何か贈ってあげたい!なんて時にも最適です。おりがみの相場は大体100円~300円ほど。手作りのプレゼントにお金は一切関係ありません。

敬老の日 花の折り紙 まとめ

いかがでしたでしょうか? 奥が深~い折り紙で作る花の世界。その種類は50種類以上もあるそうです。折り紙と言えば、わたしも幼い頃、おばあちゃんと一緒に折って遊んだことを思い出しました。

昔から馴染みのある折り紙で作った花は、おじいちゃんおばあちゃんにはなおさら懐かしく、優しい気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。

ちなみに折り紙は完全に手作りのプレゼントになりますが、市販のプレゼントに『手作りのカード』を添えても、喜んでいただけますよ。詳細はこちらの記事をご覧ください。

最後に、この作品を見たときのおじいちゃんおばあちゃんの顔、さぞかし喜んでくれるんだろうな。と想像を膨らましてながら折っていると、本当に心が入ったプレゼントを作っていると実感が湧いてきますので、ぜひチャレンジしてくださいね!

スポンサードリンク