[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
GREE にシェア
LINEで送る

新社会人になって一番に考えること、それは、服装だと思います。もちろん、就職活動でもネクタイは着用していたかもしれませんが、職種によっては毎日ネクタイを結ぶ必要があります。朝の忙しい中で、慣れないネクタイ結びと格闘するのは大変です。新社会人生活が始まる前にある程度練習しておきましょう。ネクタイ結びのコツについてをここでは考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

ネクタイの結び方の種類はどんなものがあるの?

cravats-987782_640

ネクタイの結び方は結構たくさんありますが、ネクタイ着用初心者には、次の3つがおすすめです。
 プレーンノット
 ダブルノット
 ウィンザーノット

ちなみに、ノット(knot)とは、英語で「結び目」という意味です。それを考えると、それぞれの結び方の特徴が分かりますね。
プレーン(凝っていない)ノットは、スタンダードなものになります。
ダブル(2倍)ノット 二重巻きするので厚みが出ます。
ウィンザー 英のウィンザー公(イギリス王エドワード8世)に由来するとも言われています。ノットが横に広がった印象になります。
セミウィンザーよりもウィンザーノットの方が広がりが大きい印象です。

ネクタイの結び方を簡単にするポイント

cravat-987584_640

まず、ネクタイには「小剣」「大剣」があります。大剣を動かして結ぶイメージが強いので、意識が大剣にのみ集中してしまいがちです。しかし、ネクタイの結び方を簡単にするには、実は、この「小剣」がポイントになります。
まず、ネクタイのバランスを考えて、ネクタイの長さを大剣・小剣で同じくらいにします。この長さを変えないようにするのがポイントです。小剣を指でしっかりと押さえて固定します。油断せずに最後まで、小剣の長さを変えないようにすることがコツです。

どうしても、うまくいかないという人は、
一度結び目を作ってしまってから、ネクタイの輪を首に通すということを考えてもいいでしょう。忙しい朝には最適です。
スポンサードリンク

ネクタイの結び方のオススメ動画はこれだ!

-shared-img-thumb-ZOM93_nekutaidanshi20140503_TP_V

実際の結び方については、文字で説明するよりもネクタイの結び方の動画を見た方が断然理解が早いと思います。また、鏡用の方が感覚がつかみやすいと思いますので、そちらをおすすめします。

まずは、定番
「【ネクタイの結び方】プレーン・ノット(鏡用) –  街ログ」


続いて、ダブルノット
【ネクタイの結び方】ダブル・ノット(鏡用) –  街ログ


ウィンザーノット
【ネクタイの結び方】ウインザー・ノット(鏡用) –  街ログ


まず、最初は「プレーン・ノット」で練習して、慣れてきたら他の結び方も試してくださいね。

スポンサードリンク